Banner Schurter

#37 – SMART CITY & SPS IPC DRIVE

Metropolis 4.0 : スマートシティーツアー

/ / / /

持続可能性と節約、効率を求めて世界中の都市がスマート技術に興味を示している。 シンガポールとドバイは、すでにスマートシティーへの道を開いた。さらに現在、ボストン付近に未来のスマートシティーが建設されている。この記事ではMetropolis 4.0を紹介する。

映画ブレードランナー2049が公開された時、観客は公害で汚れ、人口過剰で非常にネガティブな未来都市の姿に驚かされただろう。しかし実際は、より美しい未来都市の姿を描くことができる。未来都市にはソーラーパネルや屋上ガーデン、電球が切れると自動で知らせる街灯や、運転手が交通渋滞を避けるためのセンサーなどが設置されるだろう。スマートシティーは、テクノロジーを取り入れることでエネルギーの効率性、廃棄物管理、転換、市民参加と公共の健康・安全などを実現できるだろう。アメリカのスマートシティー協議会は、持続可能でより住みよく働きやすい都市を提唱している。Chairman Jesse Berstは次のように説明する:

150年前アメリカでは、線路に沿って都市設計を必要がああった。今日、都市の建設にはブロードバンドやファイバーなどの通信システムやクリーンで信頼性の高いエネルギーが必要がある。スマートシティーはこれらの2台柱の上に成り立ち、現在存在するほとんどの都市問題はスマート技術によって対処することができる。スマートシティーの一番の目的は、少ないお金で市民をより幸せにすることだ。

イメージ: 映画「ブレードランナー2049」

データ上に建てられた都市

通信システムとクリーンエネルギーが基礎であるならば、データは建築用ブロックである。アーバンライフのあらゆる面に関する情報を集めることによって、都市は全く新しい顔を見せる。交通道路情報は、道路が運転手に伝える時代となる。Chairman Jesse Berstは次のように続ける:

都市は初めてリアルタイムで受け取ったデータに基づいて決断をすることができる。

ボストンのCitywide Analytics Teamは、発砲事件の減少や落書き落としに関する課題、また幅広い政府プログラムについてのデータを集めている。管理をより円滑にするため、情報は市長のオフィスにあるスクリーンに表示される。

実験都市

多くの都市がスマートテクノロジーを取り入れ始めている一方、一つの都市全体を改造することは膨大なタスクである。ボストンから南に12マイル離れた元米海軍基地に新しい都市が開発されている。Union Pointは私たちに1500エーカーの未来都市の姿を見せ、10年後以降4000件の住宅と1000万平方の商業スペースを建設予定である。CEOのKyle Corkumと開発者のマネージング·パートナーLStar Venturesは次のようにUnion Pointのコンセプトを説明する:

Union Pointは、実験と革新ができる生きた実験室のようなものだ。私たち独自のポジションがあるため、未来の技術を簡単に取り入れられ、また新たな要求から生まれる変化に対応できる環境を作ることができる。

Union Cityでは、全商業ビルはLEEDグリーンビルディング認証の最高レベルに達する。地上と屋上に設置されたソーラーパネルは再生可能エネルギーを供給し、スマートメーター・センサーは需要と供給の管理をする。廃水はその場で処理・再利用されるため、60%近くの水を節約することができる。パートナーであるGeneral Electricは、街灯、電力設備、またその他のアーバン設備に実験技術を設置し、交通の監視と管理をする。都市構成は、自動車と同様に歩行者と自転車も重要視し、計画図には自動運転者やシャトル便も含まれている。

世界はあなたの思いのままに

効率を高めることに加え、スマートテクノロジーは企業を魅了する。都市生活者はスマートフォンに使い慣れていて、いつでも好きな食べ物や洋服を注文したり、個人輸送サービスの利用ができる。人々は同じような効率性を政府に期待している。シンガポールやドバイは、オンラインで利用できる市民サービスをすでに設置した。Chairman Jesse Berstはこう加える:

オンライン市民サービスは、企業がどこにビジネスを拡大するか、またどこに本部を構えるかを決定する競争優位性を与える。

最近アマゾンが二番目の本部所在地を探していることが発表され、Union Pointを含む200以上の都市が立候補した。

アマゾンは、才能のある人材が住みたいスマートな都市やコネクトシティを探している。スマートな都市になることは、仕事を増やしグローバル経済の中で競争力を保つために重要である。

急速な都市化

スマートシティーinバルセロナ

未来のスマートシティー創りは現在進行中である。 バルセロナでは、交通、公害、人数、騒音レベルなどを測定するインターネットと繋がったセンサーが街灯に設置されている。2014年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で元市長の助役であるAntoni Vivesは、「スマートテクノロジーは、百万ドルを節約し5万件近くの仕事を生んだ」と発表した。何百万人の人々が田舎から都市へ引っ越している状況で、2030年までに3分の2の人口は都市で生活するようになるだろう。しかしそこには多くの問題が発生する。Jesse Berst は次のように警告する:

もし都市がスマート化しなければ、都市は人口の多さに耐えられないだろう。言い換えると、都市はスマート化せざるを得ない。スマートシティーの考え方は、ただの流行ではなく時間との戦いだ。

翻訳: 原澤真里

 


About the Author

Related Posts

The adoption of additive manufacturing technology has accelerated in recent years thanks to...

The NASA probe’s arrival at Jupiter on Monday will improve our understanding of not just the solar...

Could the thinnest, strongest, lightest and most conductive material ever created spark a new...

Fullpage Bentley

Style Switcher

Highlight Color:

               

Backgrounds:

                    

You can also set your own colors or background from the Admin Panel.