Banner Tipper Tie

コネクテッドカーを実現可能にするV2Xシステム(Vehicle to Everything、車車間・路車間通信)が市場化。

渋滞を避けるためのルート検索を自動的に行い、点検や修理のために自動的にサービスステーションへ向かう自動車を想像してみて下さい。 また道路上に危険がないかどうかを確認し、他の車と相互通信することで自動車事故を低減し、さらに駐車場の空き状況や天気予報などの情報を提供をする自動車をかつて見たことがありますか?V2X搭載コネクテッドカーの世界へようこそ !

 

自動車間の通信(V2V)と自動車と信号機や道路標識などのインフラ(V2I)通信を含むV2Xの技術は、今だかつて存在しなかった自動車と交通道路環境の相互通信を可能にしました。カメラやライダー(LIDAR)と比較するとより広範囲把握できるV2Xは、物体を通し見えない場所でも見ることができ、他の自動車とリアルタイムにデータ交換をしさらに交通道路予測ができます。さらに V2Xは強い光や雨、霧の影響を受けません。

革新的な技術

Technology application / Courtesy of Savari

Technology application / Courtesy of Savari

最近の発表で、自動車メーカーのメルセデス(Mercedes)やBMWがレーダ、ライダー(LIDAR)、カメラなどの一般的なセンサーを含む試作車を出したことで、未来型自動車のモデルをイメージしやすくなりましたが、自動運転車の実用化には安全面での保障が最重要課題となっているため、V2X技術が必要とされます。カリフォルニア州にあるV2Xセンサーの発展企業Savariの社長であるRavi Puvvala氏は

「V2X技術は自立性を容易にする点で革新的です。SAEインターナショナル(SAE International)の定義によると、私たちの自動運転車レベルは5段階評価中2~3レベル」と語ります。

V2Xは既に市場化している

V2X com cars (image)10年前から自動車産業界で開発が進められてきたV2X技術は、既に市場に存在しています。V2Xを搭載した最初のモデルはキャデラックCTSセダンと2017年に発売されたメルセデス・ベンツEクラスです。 しかしながらV2X技術の開発は「他社の技術の存在」という障害」にぶつかりました。初期の研究では、DSRCと300m間内で1秒間に10回まで基本安全メッセージを送信する802.11 WiFiの派生製品に基づいていました。 しかし通信産業は、より早いデータ通信を可能にした「C-V2X」や「セルラーV2X」という名で知られている代替策を提示しました。これらは4Gを使用していて将来的には5Gとなり、V2VとV2I通信に対応しています。より古く安いDSRCは既に存在しますが、5Gはまだ存在しないためC-V2Xの技術は今後大幅に発展していく可能性があります。イギリスの SBD自動車コンサルタント会社のリーダーであるAlain Dunoyerは

「DSRCとC-V2Xシステムは相互利用ができません。そのため、現在自動車産業界では各システムの利点に関するディベートが行われています。しかし全ての自動車製造業者が同じシステムを取り入れたいため、現状は批判的です。」と語ります。

アメリカでは、全ての自動車にV2Xを搭載するための規定案が検討されています。通信会社、特にテレコムとクアルコムはDSRCよりも5Gを選択するよう道路交通安全局に促しており、2018年前半に向け5GとC-V2Xの試験準備をパートナーのLGと行っています。

悪路注意 ?

SW1000 NY traffic background/ Courtesy of Savari (image) 技術面でのチャレンジに加え、C-V2Xには特にコスト面での壁があります。在スイス、ファブレス半導体会社u-bloxの製品戦略部長のCostas Meimetis氏は

「V2Xは矛盾の問題に直面している。V2Xの利益は、この技術が市場に出回ってから見えてくるので、最初からユーザーになる利点がありません。法的策がV2Xの市場化を手助けするでしょう。」と語ります。

また、安全面にも大きな課題があります。自動車に搭載された新しいデジタル通信ゲートウェイは潜在的脅威となっており、SBD社のDunoyer氏は

「自動運転とV2Xに関わるサイバーリスクは非常に大きい。非正規車から送られたメッセージ無視し「 正規車 」から送信されたメッセージを送信するため、V2Xソリューションはデジタル証明を含んでいます。しかしハッカーは、間違いなくV2Xシステムをターゲットにし安全装置を回避するでしょう。」と説明します。

今後車両メーカーはシステムのデザインを必要とするため、ソフトウェアは間接的にアップデートされ必要に応じてダウンロードされる可能性があります。上記した困難にも関わらず、Ravi Puvvala氏はV2Xがますます広がっていく未来を予想しています。

「2030年までに自動運転レベルが0~5の様々なタイプの自動車が道路上に現れるでしょう。そして安全に相互車両間通信を行うため、V2V et V2I が必要不可欠となるでしょう。

翻訳: 原澤真里


About the Author

Daniel Allen is a writer and a photographer. His work has featured in numerous publications, including CNN, BBC, The National Geographic Traveller.

Related Posts

The adoption of additive manufacturing technology has accelerated in recent years thanks to...

The NASA probe’s arrival at Jupiter on Monday will improve our understanding of not just the solar...

Could the thinnest, strongest, lightest and most conductive material ever created spark a new...

Fullpage GUIDETTI

Style Switcher

Highlight Color:

               

Backgrounds:

                    

You can also set your own colors or background from the Admin Panel.