• Banner KÜCHMEDIA

    #35 - AUTONOMOUS VEHICLES

    2021年に初の自動運転車発売か ?

    / /

    enEnglish deDeutsch frFrançais esEspañol pt-ptPortuguês itItaliano ruРусский zh-hans简体中文

    自動運転技術は成熟期に達してきているものの、まだいくつかの課題を抱えている。センサーの改善と価格低下という課題である。現在約100社のスタートアップ企業がこれらの課題の解決策を探している状況だ。

     

    Googleが誕生した数年後にGoogle共同創設者であるSergey Brin氏は、自動運転車の誕生は間近に迫っていると話していた。「自動運転車が一般化されるまで、片手の指だけで数えられる年数まで近づいてきている。」 とSergey Brin氏が記者会見で表明したのは 2012年であった。 以来WaymoやGoogle Carプロジェクトに関係している企業「Uber」、「Lyft」また100社程のスタートアップ企業が自動運転車の市場化に向けて動き出した。しかし仕事に行く途中の車内で眠ったり、新聞を読んだりする夢はまだ実現されていない。一方でNavigant Researchの産業アナリストSam Abuelsamid氏は、自動運転技術の改善は限界質量だと説明し

    「私たちには、自動運転が可能になるための必要不可欠な基礎的理解はある。」と語る。

    しかしこの複雑な都市環境の中で、自動運転を実現させることは難しく、

    Sam Abuelsamid氏は「研究から製造開発の段階へステップアップしている状況ではあるが、自動車産業は厳しく制限されており、最小限のミスが人の命を奪う可能せいがある。」と語った。

    感覚過負荷

    Courtesy of VayaVision

    自動運転車が発展するには、知覚能力とセンサーの改善が必要とされる。各タイプの埋込型装置には長所と短所があり、カメラの長所は物体をよく見分けることができる一方でレーダーは、距離を正しく測れるが画像が分かりずらい。3D画像作成用のレーダーを使用しているライダー(Lidar)センサーは、カメラとレーダーの間に位置する。Abuelsamid氏は

    「最大の課題は、センサーが様々な環境に対応できることで、振動や電磁干渉、また気象環(雨、雪、風、台風)などにも対応できなければならない。」と語る。実際に日常で頻繁に使用されながら、長持ちするセンサーを作ることは非常に難しい。

    幸いにも解像度とダイナミックレンジは向上しカメラの価格は低下してきているため、自動車上に今後さらに多くのカメラを設置することが出来るようになるだろう。

    ライダー(LIDAR)に注目

    一方でライダー(LIDAR)は現段階でまだ一般化は期待できない。というのも価格の面で高級なライダーは70000ドルする場合もあり、VayaVision社はライダーの価格低下に取り組んでいる。イスラエルのスタートアップ企業は、超高精細画像搭載のライダーを数百ドルで提案しており、360度ビジョンではないが、特定ゾーンのみの画像を提供することができる。製品とマーケティング担当部長のDoron Elinav氏は

    「私たち人間は、高画質で全視界を見ることができない。目頭はほぼ動きのみを感知する一方で、脳は動きから実像を構成することができる。同様に、ライダーは情報の足りない危険ゾ-ンを検出し分析しその部分を測定する。」

    独自のアルゴリズムのお陰で生データを使用し、少ないセンサーから周囲環境を3Dモデルを構築することができる。

    Doron Elinav氏は「このアプローチは自動運転車の実現に必要である。」と続けた。

    GPSを超えて

    Courtesy of DeepMap

    センサーは自動車に環境を知覚させることができるが、移動や方向を定めるにはマップが常に必要だ。自動運転車はGPSを頼りにしているが、衛星信号は高層ビルによる影響を受ける可能性があり、大衆へ向けた使用において十分に正確でなく信頼できない。 DeepMap社やその他の企業は次世代マップの作成に努めている。DeepMapは建築物や信号、交通看板を含む3Dマップの作成に自動車センサーを利用している。戦略・開発担当副社長であるJames Gowers氏は

    「ロボットシステムは道のタイプや速度制限、右側優先、車道整備などの交通規則 を理解する必要がある。」と語る。

    DeepMapは、他の自動運転車からのデータを常時更新する動的地図を作成することで、自動車の反応時間を短縮できる。

    James Gowers氏は「地図は静的でなく生き物となる。」と加えた。

    2021年には自動運転車が利用可能に ?

    しかしElinav氏は、自動運転車が交通を革新的に変化させるかどうかを語るにはまだ早いと言う。

    「宣伝量ではなく、研究と開発、投資が問題である。5年前までは、少数の企業と専門家だけが自動運転車の発展に携わっていたが、ここ数年の急成長は自動運転車市場の成熟を意味する。」と説明する。

    しかし、私たちが自動運転車のキーを手に入れる可能性がないかもしれない。Navigant社のAbuelsamid氏によると、自動運転システムは高価格のため、最初の段階でまず一部のバスやシャトル、ライドシェアサービスなどに適応されると予測する。正確な経路と専用レーンを通るバスを自動運転化させる方が簡単なのである。2012年のSergey Brin氏の説と2014年のElon Musk氏のそれによると、自動運連車の一般化まであと5年だということだ。シリコンバレーの楽観主義に留まらず、伝統的自動車産業会社FordやBMWも、2021年までに自動運転車を販売開始するということだ。Abuelsamid氏は「 レベル4自動運転車の最初の商業的展開は、3~4年後になるだろう。 」と追加した。

     

    翻訳: 原澤真里

    enEnglish deDeutsch frFrançais esEspañol pt-ptPortuguês itItaliano ruРусский zh-hans简体中文


    About the Author

    Related Posts

    Sorry, nothing here!

    Fullpage Panasonic

    Style Switcher

    Highlight Color:

                   

    Backgrounds:

                        

    You can also set your own colors or background from the Admin Panel.