• Banner ABB Protection and Connection

    #37 - SMART CITY & SPS IPC DRIVE

    スマートシティー : 革新的で持続可能な未来

    / /

    enEnglish deDeutsch frFrançais esEspañol pt-ptPortuguês itItaliano ruРусский zh-hans简体中文

    先月ポルトガルのリスボンで世界最大のテックコンファレンスWeb Summitが開催され、1000人を超える演説者と6万人の出席者が訪れました。パートナーである ArchiExpo eマガジン は、テクノロジーがアーバニズムと未来のスマートシティーのデザインにどう役立つかという情報を、このWebSummitで収集してきました。編集長であるErin Tallmanは再生建築家であるThomas ErmacoraWmooveの創設者であるJeurgen ReschとAirwareのCEOであるYvonne Wassenaarをインタビューしました。

     

    テクノロジーは、都市設計において様々な問題を引き起こしました。第二次世界大戦後に自動車の利用が爆発的に増え、都市計画家は自動車に合った都市のデザインをし始め、個人と公共の二ーズを無視しました。しかしテクノロジーは、もし正確に人間中心設計に統合されていれば、ソリューションを提供することができます。建築家のThomas Ermacoraは、次の5つの中心要素が都市計画を改善できると考えています: 参加型設計ツール、ソフトウェアを使った政策枠組の作成、人工知能とビッグデータの結合、社会心理学とバイオ・ナノテクノロジー。

    テクノロジーを通じた未来都市を共同で創る

    Ermacoraと共著者のLucy Bullivantの本「Recoding:Co-creating Urban Futures」は、将来的な可能性を証明するためにこの設計システムの過去と未来を探究します。例えばErmacoraは、オープンソースアーバニズム(誰もが古い考えだと思っていた)というアイディアを引用しています。2010年には、持続的で住みやすい都市を創るには市民参加が重要であることを強調する「Recoded Cityプロジェクト」で、ErmacoraはLucy Bullivantとチームを組みました。

    建築とデザインのスタジオや市役所吏員さえも、市民参加が設計を悪化させるわけではないということを、だんだん理解し始めてきています。

     

    最も規模が大きいテックコンファレンスに出席、参加することでオープンソースシティーのアイディアやその開発、統合に関してテクノロジー業界の主要プレーヤーと話し合う絶好な機会を得ることができました。

    誰もがポケットにスマートフォンを持っている、ということから生まれたテクノロジーのアイディアは、設計に参加する人々のネットワークをより明らかにできます。

    ドローンは、私たちの世界をデジタル化したイメージで提供する

    ドローン分析会社Airwareは人々に物理的世界と接したり、それを理解するための新しい方法も紹介しています。Airwareは、ドローンの写真、sensory、IoT、その他のデータを収集し、建築現場などの現場をデジタル化したイメージに変換します。AirwareのCEOであるYvonne Wassenaarは:

    例えば屋根の摩耗のデータ収集にドローンを送れるので、労働者は危険な状況にもう身を置く必要がありません。Airwareは危険防止措置に努めています。

     

    今日の技術(クラウド、機械学習 、人工知能など)を探求することで、Airwareは将来的により安全で効率的、持続的な世界を創ることが可能です。

     

     

    建築業界は、ドローンによる簡単なデータの取込みを利用しています。しかし建設業者は消耗、共有ができ、実行可能で確実なデータを利用する必要があります。Airwareのシステムは、土運搬 、設計変更、また設計計画と現況のそれとの比較などを含む、土木工事の発展に役立ちます。

    これまで多くの産業界がデジタル化時代に遅れていた中で、機械学習や人工知能のような技術を利用することは、非常に刺激的な経験です。

     

    記事を読む: Caterpillar Venturesは航空データを通した現場の改善ためにAirwareに投資します。

    廃棄物に含まれるエネルギーを取り出す

    将来的に持続可能性のあるアイディアを取り入れるドイツのスタートアップ社Wmoove は、今日の二つの重要な問題「過度の廃棄物とネルギー多消費」に対するソリューションを提供しています。この会社は廃棄物をエネルギーに変換し、転送するために最大6時間でエネルギーを蓄えることができる充電ステーションを開発しました。このエネルギーは車の充電に使われたり、様々な施設へ供給されることができます。Wmooveの創設者・ディレクターであるJeurgen Reschは、ArchiExpo eマガジンにそのシステムについて次のように説明しました:

    マイクロ波を利用し廃棄物を加熱するというソリューションを立案しました。金属のような固体を取り除き、残りの廃棄物をガスにします。そこでエネルギーを発生させるハイドロタービンを使用します。

     

    Wmooveは、食品やパッケージで発生するゴミをエネルギーに転換し、様々な施設や電気自動車に利用することを目的に、現在スーパーマーケット部門でクライアントを探しています。見込み客としてショッピングモールや空港も視野に入れています。このシステムは、アーバ二ズムの主要な要素であるインフラストラクチャーに変化をもたらし、また都市計画家は設計図にWmooveの充電ステーションを統合できるようになるでしょう。ドイツのデュッセルドルフ市が初めて上記5つのシステムを取り入れることで、今後スマートシティー拡大への一歩となるでしょう。

     

    翻訳: 原澤真里

    enEnglish deDeutsch frFrançais esEspañol pt-ptPortuguês itItaliano ruРусский zh-hans简体中文


    About the Author

    Related Posts

    Sorry, nothing here!

    Style Switcher

    Highlight Color:

                   

    Backgrounds:

                        

    You can also set your own colors or background from the Admin Panel.